株式会社 芦野組

> 住まいの実例 > 東川町で始まる豊かな暮らし 大雪山を望むカラマツの家

住まいの実例

東川町で始まる豊かな暮らし 大雪山を望むカラマツの家

東川町・Sさん宅/夫婦30代、子ども1人

コメント・お客様の声・DATA

念願の薪ストーブを設置。土間からは外のデッキに出られる

木とアイアンで造作したキッチンは見せる収納で、鍋類も取り出しやすく便利

広い玄関ではご主人が手がけたパラパラブックコーナーがお出迎え

「図書館」をコンセプトに本棚を造作した家族全員が使える図書コーナー

在宅で仕事をするSさんのパパコーナーには秘密基地のようなロフトも

斜め天井の高さを生かしロフトをつけた子ども部屋。建具は障子張りの引き戸に

2階のバルコニーからは大雪山まで見渡せるロケーション

外壁に合わせて玄関も木製ドアを採用。外まわりには全面的に木質感を出している

周りの景色に溶け込む外観。一部レンガ張りの部分にはツル系の植物を這わせる予定

コメント

 ご主人が在宅のフリーランスとして独立したのを機に、Uターンを考えたSさんご夫妻。二人の実家の中間地点として選んだのが東川町でした。利便性よりも自然を感じるロケーションを求めた土地探しでは、360度の自然を眺められる絶好の土地に巡り会いました。「土地を見に来た時に、大雪山が見えて感動しました。まさに求めていたロケーションです」と夫婦ともにひと目で気に入り土地を購入。道外に暮らしながらの家づくりが始まりました。
 芦野組との出会いはインターネット。ホームページを見て、この雰囲気なら自分たちの希望する家に合うと感じ、コンタクトを取りました。「芦野さんは、私たちの好みを把握してくれて、最初にできたプランが想像を超えたもので、ここならお任せできると確信したんです」とSさん。
 その後は遠距離で打ち合わせ、建築中は一度も現地を訪れなかったというSさんですが、仕上がりには大満足です。奥さんこだわりのキッチンは、あえて収納扉を付けないオープン式ですが、これが使い勝手抜群。「物を取り出しやすいし、収納も風通しがよく衛生面でもいいですね」。
 実はSさんの仕事はパラパラ漫画の作家さん。奥さんも手伝いながら二人で作品をつくっています。「ここでの暮らしは心が豊かになり、ゆとりが生まれます。それはモノづくりにとって、すごく大切なことです」と今後の創作活動への意欲も高まっているようです。

住宅雑誌Replan122号 掲載物件

お客様の声

会社勤めから在宅フリーランスとなり、家という環境の大切さを改めて考えました。モノづくりをするには、心が豊かじゃないと、いい発想は生まれないと思うんです。その意味では、大雪山を眺めながら自然の中で暮らすこのロケーションは、とても素晴らしいです。子どももこちらへ引っ越してから、家の周囲が自然だらけなので、虫取りや外遊びをするようになり、子育て環境としても抜群です。このあたりは野生のウサギやヘビ、鴨などもいて、鳥が巣作りをしたりしている。そういう自然とともに生きるのは、本当に心を豊かにしますね。遠距離での家づくりということで、主にメールでのやりとりでしたが、きめ細かな対応をしてくれたので不安はありませんでしたよ。

建築データ

構造規模/木造(新在来木造構法)・2階建て
延床面積/131.45㎡(約40坪)(車庫・物置を含まず)
<主な外部仕上げ> 屋根/アスファルトシングル材、外壁/トドマツ木板横張 一部スライスレンガ張、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:木製サッシ・樹脂サッシ(Low-E・トリプルガラス・アルゴンガス入)
<主な内部仕上げ> 床/カラマツフローリング、壁/塗壁、天井/塗壁 一部梁現し
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 基礎/セルボード150㎜、土間/セルボード50㎜、壁/高性能グラスウール16㎏105㎜+140㎜+高性能グラスウールボード32㎏45㎜、天井/ロックウール391㎜
<暖房方式> ガス温水暖房・薪ストーブ

工事期間/平成29年8月〜平成30年1月(約6ヵ月)