株式会社 芦野組

instagram

住まいの実例

思い出の地に建つ、適度な距離感を保った美しき終の棲家

旭川市・Uさん宅/夫婦60代

コメント・お客様の声・DATA

屋根なりの勾配を生かした木板張りの天井は味わいがあり、広々とした空間を演出してくれる

ダイニングには、奥にコンパクトなワークスペースを設えた

キッチンからはまっすぐウッドデッキにつながり、視線が屋外へ向くので閉塞感がない

ユーティリティから奥さんの寝室、ウォークスルークローゼットを挟み、Uさんの寝室までひとつながりになっている

見上げた先に空や景色が広がり、開放感を感じさせる浴室の窓

2階から階下へと向かうと、木製の天井と床・珪藻土の壁の美しい質感が楽しめる

琉球風縁無し半帖畳を埋め込み和の趣に仕上げたロフト風の2階

2階からリビングを見た風景。美しい勾配天井の木板を間近に、広々したリビングから屋外まで視線を移すことができる

玄関は木板張りの天井と土間で雰囲気よく。シューズクロークを設置していつもスッキリを保てる

玄関ドアも道南スギで統一。モルタル洗い出しの外床とも風合いよく仕上げた

平屋風の外観は総板張り。風情のある道南スギの外壁が特徴的。屋根があるウッドデッキと縁側を設けて、気軽に屋外へ出られるように

コメント

 定年退職までの長い間、道内各地で仕事に携わり、その都度その土地に用意された社宅で暮らしてきたUさんご夫妻。退職までの数年は「退職後はどこに住もうか」と話し合ってきました。引っ越しに慣れ、どこの土地のどんな場所や住まいでも生活スタイルを保つ暮らしができるようになっていた奥さんは「どんな場所でもいいよ」と言っていたそうです。

 それぞれ故郷が違い、ご実家が残っているご夫妻にはさまざまな選択肢がありましたが、環境や条件を考え、住む人がいなくなった奥さんのご実家を解体し、家づくりをすることを決めました。はじめはどのように家づくりを進めたらいいのかわからず、住宅展示場などを巡りましたが、どの家を見ても、自分たちの暮らし方が想像できずに戸惑ったといいます。

 そんな中、奥さんが図書館で借りたリプランで芦野組の美しい家が目に留まり、問い合わせたのがご夫妻の家づくりのスタートとなりました。

 ご実家の解体を見守り、家づくりが始まると大工さんの手際の良い仕事ぶりと家が建っていく様子を眺めるのがとても楽しかったと語る奥さん。

 住宅の仕様は、将来のことを考えて平屋造りを想定していましたが、ロケーションやご家族の様子から広いロフトが設けられた平屋風で十分なゆとりのある住まいが提案されました。また大きな寝室をひとつ設けるのではなく、それぞれのプライベートルームを設け、通り抜けできるウォークスルークローゼットでつなぐ間取りにし、二人にとってちょうどいい距離感を保つ工夫もできました。

 芦野組ならではの道南スギによる品格のある外観と、高い断熱性能に加え、ナラ無垢フローリングや珪藻土の塗り壁、屋根勾配を生かしたなだらかな板張りの天井が生活に彩りを加えます。

 ご夫妻は、近くに住むお孫さんが遊びに来るたびに家のあちらこちらに小さなお菓子を隠しておくそう。「次はどこに隠しておこうか」と微笑ましく相談し、家の隅々まで楽しむ毎日です。

住宅雑誌Replan137号 掲載物件

お客様の声

ずっと道内各地を転勤し、社宅暮らしの繰り返しでした。定年後の住まいをどうしようかと考えたとき、さまざまな選択肢があり、とても迷ったのですが、将来的なことや巣立った子どもたち、孫たちとの交流を考えて、家を建てることにしました。もともと妻の実家があったこの土地で家づくりを決め、芦野組と出会ってからはスムーズに話が進みました。普段は二人暮らしですが、孫たちもくつろげる家づくりができて、安心した日々を過ごせています。

建築データ

構造規模/木造(在来工法)・2階建て
延床面積/116.11㎡(約35坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/アスファルトシングル、外壁/道南スギ板張、建具/玄関ドア:m.a.p 木製ドア、窓:YKK AP 樹脂サッシ APW430
<主な内部仕上げ> 床/ナラ無垢フローリング、壁/珪藻土、天井/リブ天井
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 基礎/押出法ポリスチレンフォーム(B3)100㎜、壁/高性能グラスウール(SUN)16㎏105㎜+105㎜、屋根/ロックウール30㎏298㎜
<暖房方式> パネルヒーター

東桜岡優良田園住宅 限定5区画分譲中!