株式会社 芦野組

> 完成住宅レポート > 東川町 S様邸完成

完成住宅レポート

東川町 S様邸完成

2019.04.05 |


木板縦張りの外壁に、勾配屋根の無落雪住宅です。
壁断熱は、柱間105mm+付加断熱210mm=合計315mm。
壁が厚いので、窓が外壁面より凹んで取り付けられています。
陰影のある外観です。
暖かくなってから、基礎仕上げと濡れ縁、そしてカーポート工事を行います。


リビング。
壁一面と天井仕上げは木板張り。
木の種類が違うので、木板張りでも表情に違いがでます。
天井はカツラ、壁面は道南杉です。


リビングからダイニング・キッチンの写し。
玄関から土間続きのリビング土間には、薪ストーブ。


天井は吹抜けになっています。
玄関とテラスドアから、薪を運び込むことができて便利。
オープンの階段下に、薪を積んで置くスペースもあります。


対面式のキッチンは、木天板のオリジナル。
背面の造作家電カウンター収納とお揃いです。
キッチンの壁にはスライスレンガを貼り、家電カウンター側は大谷石を貼りました。
キッチンからシューズクロークへ繋がっています。


リビング横の和室。
リビングの木を多用した仕上げとは対照的に、塗りの白を基調とした仕上げ。


1階のトイレ手洗い兼用洗面台。
手洗いだけでなく、洗面としての機能を持たせたことで、
朝、洗面の混雑時に、2階U.T内の洗面台と併用して使えます。


2階吹抜け・ホール。
天井に設置したファンを回すことで、冬場の天井付近に溜まった暖かい空気を循環させます。
夏の暑さ対策として、高所に電動開閉窓を付けました。
夜、外が涼しくなったころ、この窓を開けて暖まった空気を外へ逃がします。


子供部屋。
現在はホールと一体になっていますが、将来2部屋へ分けることができます。


2階U.T。
こちらの住宅は、陽当たりが良いので2階にU.T、浴室そしてシャワー室があります。
1階洗面と同じ造作の洗面台と、洗濯機スペースの上にはガス乾燥機が設置されています。


ユニットバスの壁と天井に、道南杉羽目板を張りました。
木、香る浴室です。


廊下の壁に、天井まである大容量の造作本棚。


6帖の寝室。
屋根なりの勾配天井で、開放感があります。
枕元が外壁側の壁になるので、ニッチが付けられません。
なので、ニッチの代わりに小さな棚を付けました。

 

<住宅データ>
住宅建築面積 88.45㎡(26.70坪)、1階床面積 77.84㎡(23.49坪)、2階床面積 67.90㎡(20.49坪)、延べ床面積 145.74㎡(43.99坪)、
Q値(熱損失係数)1.10w/㎡k、C値(相当隙間面積)0.30c㎡/㎡、UA値(外皮平均熱貫流率)0.23w/㎡k、
第3種換気システム、暖房灯油消費量 1,178ℓ/年