株式会社 芦野組

> 住まいの実例 > 300ミリ断熱を基本に実現した 薪ストーブと無垢材の温もり空間

住まいの実例

300ミリ断熱を基本に実現した 薪ストーブと無垢材の温もり空間

美瑛町・Sさん宅/夫婦30代、子ども1人

コメント・お客様の声・DATA

玄関を入ると目につくのが、正面のアクセントウォール。外壁と同じ道南スギを張り、印象的に

玄関から寝室までまっすぐに続く動線。無駄なスペースのない間取りで暮らしやすい空間をつくっている

子どもが大きくなっても家族が顔を合わせて暮らせるようにと階段はリビングを通る間取り

玄関から続く土間に置かれた薪ストーブがLDKの主役。薪入れはお父さんの手作り品

ご主人たっての希望でリビング部分の天井は構造を現しに。木の風合いがお気に入り

リビングの一角に設けた畳スペースは多目的に使え重宝している。大型の収納スペースも確保した

寝室の天井は屋根形状に合わせて高く開放的に。上を開けた扉のないウォークインクローゼットは使い勝手抜群

吹き抜けのある2階のフロアはフリースペース。開放感のある斜め天井も木張りにして統一感を出した

道南スギを使った屋根付きのカーポートと物置を設置して雪対策も万全。家の外観とも調和している

コメント

 「実は最初はモノトーンでシャープなデザインの家をイメージしていたんです。でもインターネットで旭川の建築会社を調べていた時に芦野組のウェブサイトで事例を見て、考えがガラっと変わりました」と話すご主人。無垢材や自然素材をふんだんに使った家づくりに「予算的に無理だろう」と思いながらも駄目元で問い合わせ。芦野組が美瑛まで何度も足を運び、相談した末に、念願の家を建てることができました。
 なるべく木が見える内装にしたいというSさんご夫妻の要望に応え、床は肌ざわりが柔らかい道産カラマツの無垢フローリング。リビングの天井は木の構造材を現しにし、斜め天井も木張りにしました。夢だった薪ストーブも実現。「真冬でも薪ストーブだけで十分暖かいんですよ」と、社宅の寒さに苦しんでいた奥さんにとっては何よりの喜びです。これも芦野組の掲げる300ミリ断熱と高気密な家づくりだからこその性能です。
 またキッチン部分を中心に、LDKから寝室、クローゼット、ユーティリティと回廊式になった間取りも使い勝手がよく、共働きで忙しい夫婦にとっては、家事効率もぐんとよくなり助かっているそうです。
 「まさかこんなに素敵な家が建てられるとは思っていませんでした。私たちはもちろん、父母や友人たちもこの家がお気に入りで、みんなに愛される家になったのが本当に嬉しいです」。Sさんご一家の人柄そのものの、木の温もりあふれる暖かな家です。

住宅雑誌Replan112号 掲載物件

お客様の声

 ウェブサイトにあった無垢材を使い薪ストーブを採用した家がひと目で気に入り、予算的に厳しいと思いつつお願いしました。当初はスタイリッシュモダンな家を考えていましたが、実際に自分たちが住むことを考えると、芦野さんのつくり出す木の温もりであふれる家がぴったりだと思ったんです。床にはカラマツ材を使いたいことや、玄関土間、畳スペース、1階に寝室を設けるなど、わがままな要望もダメとは言わず、実現してくれました。共働きなので薪ストーブもあまり活用できないかと思っていましたが、妻のお父さんの助力もあり、暖房はほとんどこれ1台です。光熱費も抑えられて暖かく、何より家族みんなで楽しんで使えるのがいいですね(Sさん)。

建築データ

【構造規模】
木造(新在来木造構法)・2階建て
【延床面積】
134.56㎡(約40坪)
【主な外部仕上げ】
屋根/アスファルトシングル葺、外壁/1F:モルタル下地テラコート塗 2F:道南スギウッドロングエコ塗装、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:樹脂サッシ 一部木製サッシ(トリプルガラス)
【主な内部仕上げ】
床/カラマツフローリング、壁・天井/珪藻土
【断熱仕様 充填断熱+付加断熱】
基礎/ビーズ法ポリスチレンフォーム170㎜+50㎜ (土間)、壁/高性能グラスウール16kg105㎜+210㎜、屋根/ロックウール吹込380㎜
【暖房方式】
ガスセントラルヒーティング
工事期間/平成27年6月〜11月(約6ヵ月)