株式会社 芦野組

> 住まいの実例 > 確かな性能が導いた 木の香りがする暖かな住まい

住まいの実例

確かな性能が導いた 木の香りがする暖かな住まい

旭川市・Mさん宅/夫婦50代・40代、子ども2人

コメント・お客様の声・DATA

大開口からのやわらかい陽射しが心地よいLDK。ナラ無垢材のフローリングに雰囲気を合わせてテレビ台を造作した。キッチンは前面も収納になっている

天井は木の質感が心地よいリブ形状仕上げに

大容量の食器棚をしつらえて家事をしやすく。奥の扉はシューズクロークの扉で、LDKと玄関まわりが回遊動線でつながっている

アクセントとなるキッチン背面のタイルは芦野社長のアイデア

Mさんと子どものスキーや自転車が並ぶ、4.5畳の広々としたシューズクローク

ベッドボードの飾り棚上部には、天井側と壁側の上下に間接照明を設置

階段下には奥さんの希望でしつらえた、ロボット掃除機のステーションがある

階段ホールの正面は納戸。左手は、ピアノを挟んで子ども部屋が2つ並ぶ

娘さんの部屋にはハンモックが。読書をしたり、うたた寝をしたりと大活躍

Mさんこだわりの道南スギを使用したやわらかな印象の木の外観。外壁の厚みにより奥まった窓が、陰影のある表情をつくりだす

コメント

 子どもたちが成長し、それまで住んでいた社宅が手狭になってきたMさん一家。本格的に家づくりを考え、土地を購入したものの、なかなかピンとくる建築会社と出会えず、気づけばおよそ5年の月日が経っていました。もう土地を売って新築は諦めようかと思っていた時、Mさんは知人から高断熱・高気密を基本性能とした、技術開発団体「新住協」の話を耳にしました。「社宅は寒く、結露もひどい。冬でも暖かく快適に過ごしたいと思っていたため、そんな団体があるんだ、と感心しました」。すぐに新住協のリストを確認し、辿り着いたのが芦野組でした。
 「私はシックハウスのアレルギーが少しあり、これまで見学に行った家では目が痛くなるなどの症状が必ずありました。しかし、芦野組さんのオープンハウスではそれが全くなくて」とMさん。「芦野社長は私たちの希望を上手に汲み取りプランにしてくれたので、嬉しかったです」ようやく巡り合った良縁に奥さんも心から安堵。こうして、「暖かく、木の香りが心地よい理想の住まい」のための家づくりが始まりました。
 床は木肌の良いナラ無垢材のフローリング、壁は調湿効果のある珪藻土、優れた断熱性能により当然室内は暖かく、第1種換気を採用することによりこれまで悩んでいた結露も解決されました。大きな木製窓からはやわらかな陽の光がリビングに注ぎます。「空気は澄んでいるし、とても暖かく住み心地は120点満点。一度は諦めた家づくりでしたが、芦野さんとの出会いに感謝です」と、Mさんは笑顔で話してくれました。

住宅雑誌Replan120号 掲載物件

お客様の声

これまで住んでいた社宅は、寒さと結露がひどく、快適さとは程遠いものでした。土地を購入し、いざ家を建てようとしたものの、なかなかお任せしたいと思える建築会社に出会うことができず、気づけば5年近い月日が経ってしまいました。もう土地は売って、新築は諦めよう。そう気持ちが傾きかけた時に出会ったのが芦野組です。芦野組さんは我々の希望を決して否定しません。必ず一度聞き入れて下さり、プランを立てて見せてくれるんです。おかげで、心から納得した家づくりをすることができました。完成した住まいはとても暖かく、悩みの種だった結露もありません。ハウスダストのアレルギーを持っている私でも、思い切り深呼吸ができる、木の香りが心地よい清々しい空気にも毎日喜びを感じています。

建築データ

■建築データ
構造規模/木造(新在来木造構法)・2階建て
延床面積/135.80㎡(約41坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/ガルバリウム鋼板、外壁/道南スギ、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:木製サッシ・樹脂サッシ(トリプルガラス)
<主な内部仕上げ> 床/ナラ無垢フローリング、壁・天井/珪藻土
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 基礎/ビーズ法ポリスチレンフォーム180㎜、壁/高性能グラスウール16㎏105㎜+105㎜+105㎜、屋根/ロックウール吹込391㎜
<暖房方式> パネルヒーター

工事期間/平成29年5月〜10月(約6ヵ月)