株式会社 芦野組

> 住まいの実例 > 無垢の床と珪藻土が心地よい 家族が根を張り暮らす家

住まいの実例

無垢の床と珪藻土が心地よい 家族が根を張り暮らす家

東川町・Fさん宅/夫婦40代、子ども2人

コメント・お客様の声・DATA

大きな三角屋根の形状を生かした斜め天井は木張りにし、木のぬくもりあふれる空間に。リビングの一角には、来客時にも使うことができる、ゆっくりくつろげる和室を設けた

LDKからは家族用の玄関スペースへ動線をつなげて、上着やカバンなども効率よく収納

玄関横に家族用のシューズクローゼットを設けて、大量の靴もすっきり収納

キッチンカウンターや収納棚にも木を使い、床やダイニングとつながりを持たせている。背面にも大容量の造り付け食器棚やキッチン収納をしつらえた

造作した洗面台は幅広で家族が並んで使える広さ。鏡は三面鏡になっていて便利

階段下のデッドスペースをうまく活用したトイレには、収納と手洗いをコンパクトに納めた

2階のフリースペースには、家族みんなで使える大型の本棚を造作

子ども部屋は将来間仕切り壁や家具などで2部屋に分割できる間取りになっている

2階部分を松板張りにした外観。カーポートにも木を使って統一感のある佇まい

コメント

 仕事の都合で、空知管内を数年ごとに移り住んでいたFさんご家族。社宅だったため、あまり家に愛着が持てませんでした。そんな中、子どもたちも大きくなってきて、生活の基盤となる「家」が欲しいと思い始めたときに、目に留まったのが芦野組の家でした。
 「友人が芦野組で家を建てたんですが、室内に木をふんだんに使っていて、その雰囲気がとても良かったんです。同僚や知人にも何人か芦野組の家にした人がいて、どれも住む人の個性がちゃんと生かされている素敵な家でした」とFさんは語ります。いくつか他社のモデルハウスも見学してみましたが、芦野組以上に気に入る家はなく、迷わずお願いすることになりました。
 土地は新しく整備された分譲地で、陽当たりもよい好立地。それを生かし、南西に向けて大きな窓をつけ光を採り込む間取りです。無垢の床や珪藻土の塗り壁、しっかりとした断熱・気密性能など、芦野組の基本スタイルを踏襲しつつ、使い勝手抜群のシューズクロークや大容量の造作収納など、希望に沿ったプランニングで、心地よく住みやすい理想の家が完成しました。
 「今までは休みになると外へ出かけていたんですが、今は家でゆっくり過ごしたいと思うようになりました。子育てが落ち着いたら、リビングのハンモックでゆっくり本を読んで過ごしてみたいです」と奥さんも新しいわが家でのくつろぎのひと時を楽しんでいる様子でした。

住宅雑誌Replan119号 掲載物件

お客様の声

転勤が多く、社宅住まいだったので、これまで家というものに愛着が持てませんでした。そんな時に芦野さんで建てた友人の家に遊びに行って、こういう家なら自分たちも住みたいと初めて感じたんです。話を聞いてみると、芦野さんの人柄や大工さんたちの仕事ぶりもよく、また、信頼している同僚や知人に何人も芦野組で家を建てた人がいたので、安心してお任せできると思いました。おかげで家族の生活の基盤となる理想のわが家を建てることができました。住んでみると思った以上に暖かく、無垢の床の感触が気持ちよくて、いつも裸足で歩いています。居心地が良すぎて、外に出かけるよりも、家族でゆっくりと家で過ごすのが楽しくなっています。

建築データ

構造規模/木造(新在来木造構法)・2階建て
延床面積/137.46㎡(約41坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/アスファルトシングル葺、外壁/1F:モルタル下地テラコート塗・2F:マツ板張、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:樹脂サッシ 一部木製サッシ(トリプルガラス)
<主な内部仕上げ> 床/ナラフローリング、壁・天井/珪藻土
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 基礎/ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板260㎜+50㎜(土間)、壁/高性能グラスウール16㎏105㎜+280㎜、屋根/ロックウール吹込391㎜
<暖房方式> ガスセントラルヒーティング

工事期間/平成29年4月〜9月(約5ヵ月)