株式会社 芦野組

> 住まいの実例 > 四季折々の自然風景を 2階LDKから眺める暮らし

住まいの実例

四季折々の自然風景を 2階LDKから眺める暮らし

旭川市・Mさん宅/夫婦50代、子ども1人

コメント・お客様の声・DATA

2階の外壁は道南スギの板張りで仕上げたナチュラルな佇まい。周囲の自然に調和している

カーポートの一角には物置を設けて、車用品やガーデニング用品を収納。バルコニーの下は雨や強い陽射しを遮った、ガーデニング作業に最適なスペースになる

南向きのバルコニーに面して大きな窓が設けられた明るいLDK

屋根の傾斜を生かした高い天井のLDKは、一角に和室スペースもありくつろぎの雰囲気

ダイニングはご主人が「これだけはどうしても欲しい!」と願った掘りごたつ式の小上がりに。左の窓からは下を流れる小川が、右の大きめの窓からは緑に包まれた丘の景色が眺められる、この家のビューポイント

キッチンで調理しながらも外の景色が楽しめるキッチン。収納力もあり使いやすい

FIX窓や階段の窓からの採光で、暗くなりがちな玄関や廊下も明るい空間に

広々とした木製のバルコニーから周囲の景色を見渡すと、ここが街の中とは思えないほど。家族でバーベキューを楽しんだり愛犬とくつろいだりと、さまざまなシーンで活躍する

コメント

 旭川市郊外の新興住宅街の一角でありながら、住まいの裏側には小川が流れ木々の緑が眩しい豊かな自然を見渡せるお住まい。そこで愛犬とともに暮らしているのがMさんご一家です。
 家を建てたいと考えはじめたときから、リビングでくつろぐときや調理の合間に周囲の景色を高い位置から見渡したいと希望。その奥さんの願いが叶い、2階にゆったりとしたLDKのある住まいが完成しました。
 家族それぞれの個室や浴室、洗面所などのプライベートゾーンは1階に配置し、玄関収納やウォークインクローゼットなど収納スペースもたっぷり確保。直接庭に出られる勝手口のある納戸は、これから家庭菜園やガーデニングをはじめると大活躍しそうです。
 2階には小上がりのダイニングがあるLDKに、お子さんが里帰りした際のゲストルームにもなる和室スペースを準備。ゆったりとした広さのワンルームになっていて、大きな窓から陽射しが入る明るい空間です。
 「この年で家を建てるのに2階がリビングなの?と言われましたが、段差も低いゆるやかな階段なので上り下りの苦もなくかえって運動になるくらい。愛犬もスムーズに行き来しています。外からの視線を気にせずに景色を堪能できる開放感は格別ですよ」と笑う奥さん。
 日の長い季節には窓から夕暮れの景色が楽しめる住まいでの暮らしに大満足のMさんご一家です。

住宅雑誌Replan101号 掲載物件

お客様の声

 日々の暮らしの中でなにげなく木々の息吹や紅葉、陽射しのあたたかさや風の音を感じられ、四季の移り変わりを見つめられる自然に寄り添った暮らしをしたくて、2階にリビングがある住まいにしました。
 家事の合間や食事中、リビングで寛いでいるときにも、自然の眺望が窓やウッドテラスから楽しめて大満足しています。
 「リビングへ行くのに階段を上がるなんて面倒じゃない?」と聞かれますが、緩やかな傾斜で上り下りがしやすいのはもちろんですが、仕事から帰って階段を上がるときに自分自身がリラックスしていくのがわかります。「これからは寛ぎの時間」という切り替えに、階段が役立っているようです。
 暮らすうちにさらに愛着が深まったのは外観で、夕方散歩をしながらふとわが家を眺めたとき、窓から漏れる灯りや木の外壁が周囲の景観に調和していて「こんなに温もりを感じられる家に暮らせて良かった」と、とてもうれしくなるんです。

建築データ

【構造規模】
木造(新在来木造構法)・2階建て
【延床面積】
153.40㎡(約46坪・カーポート・物置含む)
【主な外部仕上げ】
屋根/アスファルトシングル、外壁/1階:モルタル下地塗壁・2階:道南スギ板張、建具/玄関ドア:木製ドア、窓:樹脂サッシ 一部木製サッシ
【主な内部仕上げ】
床/ナラフローリング、壁/塗壁、天井/木板張
【断熱仕様 充填断熱+付加断熱】
基礎/セルボード120㎜・土間部分:50㎜、壁/高性能グラスウール16kg105㎜+190㎜、屋根/ロックウール吹込280㎜
【暖房方式】
ガスセントラルヒーティング
工事期間/平成24年11月〜平成25年3月(約5ヵ月)