株式会社 芦野組

> 工事レポート > 東川町S様邸工事レポート

工事レポート

東川町S様邸工事レポート

2013.02.19

完成しました。新着住宅をご覧下さい。

外壁の仕上げ道南杉板張りが始まりました。

キッチン・ダイニング周りのプラスターボードが張られました。

天井の防湿シートを張っていきます。

古材の柱と梁です。木製窓が入りました。

断熱は天井ロックウール380mm、壁グラスウール295mmです。

換気と暖房の配管状況。

外壁の下地組完了です。これに道南杉を張っていきます。

床骨組みの様子。

土間コンクリートに鋼製束で床を支えます。

外壁付加断熱下地組の様子。ここにグラスウールが50mmと140mmの合計190mmが入ります。

防湿層の位置が外側に変わっています。何故でしょうか?

知りたい方は問い合わせ下さい。

 

外壁の構造用合板貼りが終了し、外付加断熱190mmの下地を作っていきます。

内部骨組みの様子。梱包してあるのは、古材の柱と梁です。

外の構造用合板を貼っています。(これで、地震・台風から建物を守るんです)

12月16日(日)。

雪の中での上棟餅まきでした。寒い中多数集まって下さり、感謝します。

カーポート砂利埋め戻し

宅地の入口に入れるコンクリート管(径70cm)がこれです。(用水路)

宅地の入口にコンクリート管を入れます。その基礎で砂利を転圧しています。

手前が太陽光発電の基礎。中間がカーポート、そして奥が住宅の基礎となります。

コンクリートが打ち終わり、養生をしています。

ベースコンクリートを打設して、布型枠を組立てます。

白い丸はセパレーターで、コンクリートの厚さ(15cm)を確保します。

鉄筋が組み上がりベース型枠を取り付けました。

砂利を入れて鉄筋を組んでいきます。