株式会社 芦野組

> 工事レポート > 旭岡H様邸工事レポート

工事レポート

旭岡H様邸工事レポート

2014.04.02

完成しました。新着住宅をご覧下さい。

外部も木板を張り終えて、足場が外されていきます。

製作キッチン造作の様子。

大断面の梁と柱が建物空間を引き締めます。

室内側に、105mmのグラスウールが入りました。

付加断熱100mmの断熱材を入れた後、雨・風より建物を守る防風シート(タイベック)が張られました。

室内の様子です。木製サッシが入りました。

外側に100mm付加断熱をして、壁断熱の合計は200mmになります。

地震と台風から建物を守る構造用合板が、張られています。

建物が組み上がってきました。使用する木材の量も多く、断面も大きいです。

基礎が終了し、足場を組んでいきます。

下の写真で並べた土間タイルの埋め込みです。

設計管理をしている「フーム空間計画工房」の代表 宮島さんが、土間のタイルを並べています。

微妙なんですね…..

傾斜地の基礎なので、大変です。

型枠が組みあがり、コンクリートを打設しています。

高低差があるので、基礎の高さも変えていきます。

フーム空間計画工房さん設計・監理物件です。

旭岡の傾斜地に建つ家なので、基礎工事も正直たいへんです。